ラムオのお勉強time 〈学びセンサー〉

何の変哲もない会社の物語

メモ/国/ランキング

日本“第5位”躍進のワケは? 揺れる「世界で最高の国ランキング」|ウォートン
http://courrier.jp/columns/81505/

良い部分を伸ばす。

悪い部分を直すか、変換するか、流すか。

ポジションをしっかり確立する。

冒険心はほしいところ。

参考/思想/デンマーク/幸福

世界の中でも「幸福な国」として知られるデンマークに伝わる「ヤンテの掟」
http://gigazine.net/news/20170404-danish-jante-law/

こういう心の支えというか、拠り所、原点があると人は強くなれる。

確立した強さは幸せをもたらす。

宗教力の弱い日本の課題かもしれない。

目標でもなんでもいいから、拠り所を。

参考/教育/常識破り

就職でも進学でもない、高校卒業時の進路決定を認めた東京都立秋留台高校
https://news.yahoo.co.jp/byline/kudokei/20170402-00069380

教育の新しい選択が出てきました。

常識を覆すしかない。

それは政府にはできない。
民間に前例をつくってもらうしか。

参考/街づくり/事例/アメリカ

全米が注目!最新農業都市モデル「アグリフッド」
https://journalnews.jp/earth/activity/8860/

都心を除けば、
テーマ性のある街が生き残っていく。

一体化。

保育/民間/事例/ミサワ

ミサワホーム、保育施設の開園を支援 認可保育所など6カ所オープン
http://www.zaikei.co.jp/sp/article/20170401/361225.html?utm_source=news_pics&utm_medium=app

こうやって官だけでなく、民だけでもなく、
寄り添うことがいいね。

保育と企業がもっとつながりますように。

教育/地域/成功例

いま注目の「コミュニティ・スクール」とは? ――地域とともにある学校が、「少子化・日本」の明日を元気にする
http://www.mugendai-web.jp/archives/6530

共につくりあげていく
という主体性を持ってもらうこと。
役に立っている、存在意義をしっかりと認識できること。

それができれば組織として良くなる。

競争⇨共創の時代

成功例/参考/人材/シェア/生産性

大企業若手が手を組む「One JAPAN」 40社250人の挑戦
http://forbesjapan.com/articles/detail/15353/1/1/1

そうです。これです。

生産性を上げるためには、
シナジーが必要。
そのためには人材のシェア。
特に若手。

地域からでもいいから、この流れをつくっていけば
雇用の形態が変わる。